« 沖縄からめずらしい生のうずら豆が届きました。 | トップページ | 「ちょっぴり、雛の宵らしい献立て」 »

2015年2月24日 (火)

「おいしい中華ちまきと腸詰めが届きました。」 Vol.2

Photo

_mg_5649

Photo
中学からの仲よしW君の奥さん手作りの品。
ちまきのおいしさについてはすでに書いたので、今回は腸詰め。
見るからに素朴でおいしそう!
Photo

Dscf0353_2

Photo

フライパンに転がして温めるか、蒸して食べようと思っていたら、W君が電話で教えてくれました。
「腸詰めをおいしく食べるには、すごく低温の油の中に入れてゆっくり温め、腸詰めの白い脂身が透きとおってきたら出来上がりのサイン」なんだそう。初めて知りました。
さらにW君いわく「うちの腸詰めはそのまま食べておいしいよ。ちゃんと味がついているから。香辛料の他に醤油や砂糖も入っていて、だから油がよごれる。うちは腸詰め専用の油を取っておくんだ」そう。
Photo

_mg_5884_4

Photo
理系で生真面目なW君の口調は、かつて中学のころ、数学がまるで苦手な私にていねいに図を描いて説明してくれたときそっくり。
ま、私としては数学はダメだけど、腸詰めの仕上げのコツは納得しました。
今夜は長ネギの薄切りと一緒の定番ですが、細かく切ってキュウリやゴマなんかとごはんに混ぜてもおいしそう。
ありがとうW君&奥さん。またのお届きを心待ちにしています。
Photo

Dscf0365_2

Photo

Photo

|

« 沖縄からめずらしい生のうずら豆が届きました。 | トップページ | 「ちょっぴり、雛の宵らしい献立て」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「おいしい中華ちまきと腸詰めが届きました。」 Vol.2:

« 沖縄からめずらしい生のうずら豆が届きました。 | トップページ | 「ちょっぴり、雛の宵らしい献立て」 »