« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月28日 (金)

冬瓜(とうがん)のおいしい食べ方

Photo

冬瓜って、煮物かスープの他はなかなか扱いがむずかしい食材ですよね。
Photo

_mg_8906
Photo
これは横浜・馬車道近くにある大好きなチャイナレストラン「揚子江」のシェフ・黄さんの献立にヒントをもらったレシピ。
超かんたんで超おいしい。
Photo
Photo
<レシピ・冬瓜の冷製>
1)冬瓜1/8個を水と小さじ1の塩、日本酒で柔らかくなるまで茹でる。好みもあるが、かなり柔らかく茹でるのがおすすめ。
2)粗熱がとれたら冷蔵庫で2時間ていど休ませる。すぐに食べてもいいし3、4日くらいねかせてもおいしい。
3)皮を厚めに取って1センチ厚くらいに切る。(写真を参照に)
Photo
超キレイな味だぞォ。
Photo

_mg_8928

Photo

<今夜の献立>
・冬瓜の冷製
・グリーンアスパラとモヤシのソテー
・自家製チャーシュー
・巾着なすのさっと漬け
・自家製スープの光麺
Photo
_mg_8915
Photo
Photo

| | トラックバック (0)

2015年8月14日 (金)

岡山県旭川の支流・新庄川の鮎が届いて。

山や森や川からのおいしい食材を調達するのがプロ(仕事)の庄さん。
私は樹人(じゅびと)と呼んでいるの。
だって彼が掘った2メートル近い山芋と並ぶと、似ているんだもの。山芋と樹人が。

Photo

Dscf0827_2

Photo
そんな樹人が獲ってくれた鮎はちょっと小ぶりで身締まりも美しい。
まずは背越しで捌いて刺身に。
背越しは、おもに川魚などのヒレと内臓をとり、中骨ごと小口から薄切りにする捌き方です。
川藻や水草の青い匂いがいっぱい。
ワタはホイル包みでグリル。
ちょっとクセのある川魚が大好物な私にはたまりません。
Photo
Photo

Dscf0832

Photo
<今夜の献立>
・だだ茶豆(茹で)
・巾着ナスのさっと漬け
・鮎の背越し 梅肉たれと生わさびで
・鮎の塩焼き
・おにぎり 自家製ゆかり
・鮎のすまし汁 (頭と尻尾)
・ぬか漬け(きゅうり)
Photo

Dscf0839

Photo

Dscf0841

Photo

| | トラックバック (0)

2015年8月10日 (月)

最近はまっている、そーめんのアボカドつけたれ。

Photo

Img_1153

Photo
アボカド(一人前半個)をつぶし、ワサビと柑橘をしぼり、そーめんつゆで薄めるだけ。
ぜひ、おためしあれ。
Photo

Img_1145

Photo

| | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »